어떤 일본분이 나의 논문에 관심을 갖고 번역까지 하셨다.

감사할 따름.

 

 

————–

 

 

グローバル・オンライン市場と海外直販事業についての理解

~独立モール・オンライン販売を中心として~

 

キム・ミジョン

2015年度

<目次>

Ⅰ 序論

Ⅱ グローバル・オンライン市場の理解

Ⅲ 海外(逆)直買と海外直販の概念定義

Ⅳ 海外直販事業の形態:入店モールと独立モール

Ⅴ 結論

Ⅰ 序論

サウジ、カタール、UAE等、自国内製造業の基盤が弱い国家は、すでに直購が活性化し、経験者比重が約50%に迫っている。

海外直購(海外直接購買)が一般化し、オンライン市場の国家間の境界が崩れた現時点で‘海外直販(海外直接販売)事業’の活性化は、国家経済の発展に寄与すると判断できる。それにも関らず、多くの企業と機関が、海外直販事業に対し知識が不足している上、海外逆直購と呼び、概念定義か明確になっていないケースまで発生している。

‘海外直販’が、あたかも新しいオンライン流通経路の登場だと誤認する程、大きな論点になった。グローバル販売と大きく違わない形態にも関らず、海外直購と海外逆直購等の単語と混乱が生じながら、概念が明確に定義されないのだ。周知された海外直販経路が、海外有名ショッピングモール入店に限定され、事業成功率も低い。グローバル・オンライン市場内の‘海外直販’の概念を整理して、国家経済成長のために海外直販活性化に寄与したいと思います。

海外ショッピングモール運営の主な障害として、入店時の過度な資格制限(28.8%)>高い販売手数料(27.0%)>厳しいモール運営政策(22.1%)>モール管理者との意思疎通問題(16.0%)の順に調査された。

Ⅱ グローバル・オンライン市場の理解

国内のオンライン市場は、2000年代序盤から急成長が始まり、2010年代に入り、天文学的に売上げが増加した。オープンマーケット競争が本格化し、オンライン販売価格が低廉になり、価格比較サイトが多数登場し、消費者たちは、オンライン市場からの消費活動が効果的という認識を持った。製造された商品だけでなく、食べ物、サービス、教育プログラム等、その分野が多様化しながらオンライン・ショッピング市場は天文学的に成長した。

2010年代に入り、オンライン・ショッピングモールは、大型マートに続く第2の小売流通チャンネルとして位置づけられ、2013年の販売額は、35兆以上で大部分のオフライン売り場の売上げを追い抜いた。不景気による消費委縮で大型マート、デパート、スーパーマーケット等のオフライン流通チャンネルの成長は停滞してもオンライン・ショッピング市場は、堅固な成長を維持し、オンライン市場の範囲をさらに広げている。

国内オンライン市場の成長傾向と同じく、世界のオンライン販売率もまた急成長だ。とくに2010年代に入りながら、世界の多くの国家が大衆化し,eBayやアマゾンのようなグローバル・オープンマーケットが攻撃的にマーケティングを広げ、持続的な成長を遂げた。グローバル・オープンマーケットの登場はグローバル・オンライン市場に本格的な変化をもたらした。販売者と消費者は、国境に関係なく販売して購入する活動が可能になったので、国内市場内だけの競争構図は終わったと言える。消費者は、もっと合理的で効果的なショッピングのために海外企業の製品を検索して、容易に購入する。2013年から大きな論点になっていた‘海外直購’は、まさにこのような側面から現れた消費者の行動だと見ることができる。オンライン上では、言語の障壁も国境も問題ではなくなった。

※上の統計は、2016年から2018年までの予測を含んだ2012年と2013年に全世界的なB2C電子商取引の売上げ情報を提供します。グローバルB2C電子商取引の売上げ額は、1.920.000.000.000ドルに到達する予想です。

別の側面から集中しなければならないオンライン・ショッピングの特徴は、モバイル・ショッピングが持続的に増加している事実だ。国内だけでなく、海外ショッピングモールもモバイル・ショッピングの必要性を認知してから久しい。

2015年 1/4期 オンライン・ショッピングの取引額は、12兆3.650億ウォンで前年同期対比 18.0%増加し、オンライン・ショッピングの取引額のうち、モバイル・ショッピングの取引額は、5兆560億ウォンで79.2%増加。

グローバル・オープンマーケットと共に成長したものは、海外直販だ。海外直販とグローバル販売の相違点は、ターゲット国家が全世界なのか、明らかなターゲット国家があるのかの違いで説明できる。グローバル・オンライン販売は、国内企業がオンライン・ショッピングモールに外国語を追加し、海外決済が可能なようにし、全世界に出る形態だ。一方、海外直販は、ターゲット国家または地域を明確にし、該当国家のオンライン市場で直接的な販売活動をすること言う。事実、海外直販は、グローバル販売と大きく違わない意味を持っている上に海外直購と海外逆直購の単語と混乱が生じながら、概念が明確に定義されなかった。また大部分の事業家が知っている海外オンライン販路がグローバル・オープンマーケット入店に限定され、海外直販事業の活性化はもちろん、成功率もまた低調だと言える。

2000年代序盤に支流として登場し、本流へと成長したe-Commerceが、オンライン検索技術やPaypal等の国際決済システムの発達で新たに発展している。中間段階(バイヤー)を省略し、海外消費者へ直接、輸出することを意味するCross-Border e-Commerceが、まさにそれだ。Cross-Border e-Commerce の規模は、全世界の電子商取引の約14%(約440億ドル)と推算でき、世界最大の電子商取引市場であるアメリカやEUの場合、各々7.1%(2010)、10.6%(2013)を占めていることが調査された。特にEUは、‘A Digital Agenda for Europe’を通して2020年までに、現7%前後のCross-Border電子商取引利用者比重を20%まで拡大させるよう具体的な政策目標まで提示した。

(中略)

持続的に成長するCross-Border電子商取引を新しいシルクロードとして活用するためには、▲中国消費者への直接販売強化▲海外消費者の便利性を高めるサービス拡大▲低廉であったり特異であったり、海外消費者たちに通用する商品開発▲政府の輸出申告の簡素化及び、インセンティブの付与等が必要だ。

グーグル等のオンライン検索技術や国際運送システムが発達し、国境を飛び越えたオンライン取引が大衆化した。同一商品をもっと安く購入しようとする合理的な消費風土により海外直購が増え、国内市場で競争するより海外直販を通しオンライン販売する企業も増加している。

国籍と関係なく安全に使用できる決済システムは、電子商取引のグローバル化に翼をつけた。国境を飛び越えた消費文化が定着しながら、私たちも海外直販を通して国家競争力の確保が重要な論点になった。

Ⅲ 海外(逆)直購と海外直販の概念定義

1、 海外直購(海外直接購買)

海外直購は、‘海外直接購買の’略語で、消費者が海外オンライン・ショッピングモールを通して、製品を直接購買した後、韓国で配送を受け取る方法だ。韓国の消費者たちは、海外オンライン・ショッピングモールで購入時、配送代行業者を利用し物品を受け取り、配送代行業者は、消費者の製品を受け取り、検品、再包装した後、国内注文者住所へ商品を配送する。海外直購の長所として低廉を挙げることができる。海外直購時、免税恵沢を受けることができ、物流費用を節減することができる。これに従い、実質、消費者が支払う金額は、商品購買費用と配送代行金額だけだ。

国内から海外直接購買が活性化した理由は、国際配送料の節減と共に、手ごろな決済方法、オンライン自動翻訳の便利さが挙げられる。

インターネットを通した情報の共有と信頼できる配送業者の登場で購買代行を代替できる海外直購の基盤が造成されたと見ることができる。これによって、購買代行を通して海外ショッピングを間接経験した人たちが、購買代行手数料なく直接購買しようとする需要が増加し、アメリカ主要物流都市に進出した国内配送代行業者が、国際航空運送と国内宅配を連結させることによって、航空運送-輸入通関―国内宅配の一貫サービスが可能になり、海外直接購買が成長した。

2、 海外逆直購(海外直接逆購買)

海外逆直購は、海外直接購買を意味する‘直購’の反対語で、海外の消費者が国内オンライン・モールを通して韓国製品を直接購買することを言う。‘海外直購’と‘海外逆直購’は、すべて消費者側面から使用する単語で‘海外直購’は、国内消費者が海外から消費する活動で、‘海外逆直購’は、海外消費者が国内から消費する活動と言える。

国内販売者は、海外消費者のために言語を追加したり、決済環境を改善したりする行為をしない状態で海外消費者の努力に基づき、成り立つ海外販売を‘海外逆直購’と呼ぶことができる。

3、 海外直販(海外直接販売)

海外直販は、韓国の販売者が国境を越えて外国の消費者へ物品を売る活動だ。海外直販は、国内販売者がする行為で、ターゲット国家のオンライン市場内で販売活動することを言う。

海外直販の形態は、入店モールと独立モール形態に区分される。これについての説明は、〔海外直販事業の形態〕を参考してください。

Ⅳ 海外直販事業の形態:入店モールと独立モール

1. 海外入店モール販売

海外入店モールは、グローバル・オープンマーケットとターゲット国家のオープンマーケットに分けて考えることができる。グローバル・オープンマーケットは、前で言及したように、eBayやアマゾンのような全世界をターゲットにした販売活動が成り立つオープンマーケットで、ターゲット国家のオープンマーケットは、該当国家内のオープンマーケットを言う。日本は楽天、中国はタオパオが、グローバル販売でない海外直販形態の海外入店モールだ。ターゲットが全世界か否かは、販売者のオンライン販売戦力のための重要な要素だ。

海外入店モールは、多くの費用がかからず簡単に進入できるが、事業を活性化させ成長するには、難しさが多い方式だ。各入店モールごとに資格要件が違い、大部分、評価基準が高いので、多くの商品を出すためには、長い時間がかかる。また、販売手数料が安くなく、国際配送料も勘案し価格の策定をしなければならないので、価格競争力を簡単に失う。一番大きい問題は、入店モール管理者との意思疎通問題と言える。海外直販のために入店した国内販売者の場合、電話応対サービスの必要性がないので、ネイティブ・スピーカーを採用しない場合が多い。海外入店モールは、大部分、英語か該当国家の言語でサ―ビスするので、顧客との摩擦が発生したり、急いで解決しなければならない場合に、迅速な対応を受けるのが難しい。言語だけの問題でなく、グローバル企業の場合、販売者へ電話対応を特にしない場合も多く、Eメールを送って答信を何日も待たなければならないことも珍しくない。

攻撃的な事業を進行しようとする企業や創業者の場合、海外入店モールで販売するのは、制限的で限界が明らかに感じられる。

2. 海外独立モール販売

海外独立モールは、ターゲット国家の専門モールを運営することを言う。大型オープンマーケットに入店するのでなく、販売者の専門分野のアイテムで構成した商品を販売する独立型ショッピングモールを運営することだ。独立モールを運営する場合、明らかなターゲット国家が存在することで、ショッピングモール運営が容易になり、該当国家の競争サイトとの競争でも優位に立つ確率が高くなる。海外独立モール運営は、国内オンライン・ショッピングモール運営と大きく違わない形態で運営する。ただ、現地言語駆使と現地型サービスのためにネイティブ・スタッフを採用しなければならない点が違う。現地市場をきちんと把握して、市場に合ったアイテムとサービスで販売活動をするなら、成長は持続的に成り立つことだろう。

海外独立モールで重要な要素は、配送と決済システムだ。国際配送をどのような形態でするか、決済システムは徹底的に現地型にするのか、あるいはグローバル決済方式を導入するのか等、いくつか政策的な要素が海外独立モール運営の勝敗を左右する。

ターゲット国家が海外企業を信頼する文化なのか否かも大きな変数で作用する。

日本の場合、日本内の企業を選り好みする文化なので、すべての営業活動が国内で成り立っているとしても日本法人を持って販売するのが良い。決済方式、または、日本だけの決済方式(宅配社 決済代行、コンビニ決済、スイカ決済等)があるので、日本オンライン市場で日本業者を追い抜くためには、どうやら日本法人は必須だと言える。

しかし、アメリカやオーストラリア等、海外企業に開放的なオンライン・ショッピング文化をもった国家もあるので、必ず海外法人がなければならないわけではない。

時代の流れに従い、全世界の企業がオンラインというひとつの市場で販売活動するようになり、消費者も徐々に海外企業の対する不安を感じなくなった。海外独立モールは、長期的なグローバル事業戦略側面から見るとき、適切な選択だと見える。

3. 海外直販ショッピングモール事例

海外直販は、現在も多くの企業が進行している事業形態だ。特に、海外直販独立モール運営を通して大きく成長した企業の事例が多く出ている。海外直販独立モール運営で成長し走っている企業をいくつか紹介します。

イ> >

エイコムメイト(保税衣類 中国 海外直販ショッピングモール運営)

エイコムメイトは、中国のブラックフライデーで知られた11月11日ソロデー一日でティモールを通して、1億2.000万元(韓貨217億ウォン)販売を記録したと26日に明らかにした。これは、昨年3.000万元(韓貨54億ウォン)の4倍に達する数値だ。

http:www.thejamy.com/

ロ> >

ジズル(宅配ボックス 日本 海外直販ショッピングモール運営)

ジズルは、総500余りの紙段ボール箱を製造する企業で、海外オンラインサイトを通した注文販売で売上げ100億ウォン達成を目の前にしている。

イ代表が初期、資本金1億3.000万ウォンで始めた段ボール箱販売事業は、初年の2004年に日本への輸出で売上げ1億7.000万ウォンを打ち出し、翌年には売上げ9億ウォンを記録し、急成長を見せ始めた。

http://www.danboru.net/

ハ> >

ティクーン・グローバル(日本 海外直販ショッピングモール運営 及び 海外直販インキュベイティング)

ティクーン・グローバルは、日本へ海外直販を始めて10余年経つ企業で、年売上げ100億ウォンを超えている。それだけでなく、海外直販事業の基盤をソリューション開発して進出企業を積極的に支援している。

印刷物 販促物 海外直販 :アドプリントhttp://www.adprint.jp/

実写出力物 海外直販 :マクマク http://www.makumaku.jp/Eachmain

エアー看板 :アドサイン http://www.ad-sign.jp/

Ⅴ 結論

グーグル等、オンライン検索技術や国際運送システムの発達で、国境を飛び越えるオンライン取引が大衆化して、同一の物品をもっと安く購買しようとする合理的な消費風土によって海外直購か増え、国内市場で競争するより海外直購を通してオンライン販売をする企業も増加している。

オンライン市場の国家間境界が崩れた現時点で‘海外直販事業’の活性化は、国家経済発展に寄与することは、明らかだ。海外直販事業の活性化のためには、まず海外直販と海外逆直購の概念を明確にする必要性がある。

海外直販は、もはや特別な市場ではない。eBay Koreaの2012年統計に因ると国内商品の海外直販も大きく増えている。2010年に500億ウォンだった海外直販売上げは、2012年に1.600億ウォンと一気に増えた。グローバル化が加速化しただけ国境は、もはや障害物ではないので、海外直販は、国家経済に貢献する良い方法になる。

海外直販事業の活性化のために海外直販事業について形態と推進方法等を中小企業に積極的に知らせて支援したら、淘汰している製造分野の輸出、あるいは、再成長させることができる。特に、入店方式ではない海外独立モール運営で積極的な事業推進方法を選択するなら、長期的なグローバル会員を保有でき、長期的な国家競争力になる。オンライン上で積極的にマーケティングを広げる目的が会員誘致した分だけ、海外直販初期企業が誘致した海外会員を活用し、追加的な事業を構成することだろう。

海外直販事業についてのノウハウを積み、長期的な成長動力のためには、海外独立モール運営形態の海外直販事業を積極的に推進しなければならない。海外独立モール運営を通して海外直販のノウハウを積み、持続的な成長をするなら、海外直販市場に活気を呼び起こしてくれるに十分な要素になるからだ。